疲れ顔は肌の劣化のサイン

ごく普通に生活をしていて疲労の自覚症状がないのに、顔が疲れていると指摘されることがあります。あわてて鏡で確認すると、まぶたがくぼんでいる、目元にクマができている、顔全体がくすんでいる、といった症状の疲れ顔になっていることが確認できます。

 

思い当たる原因がなくても、30代ともなるとこれまでの疲労の蓄積が顔にあらわれることがあるのです。

 

また、肌本来が持っている回復力が低下していることのあらわれでもあります。

 

疲れ顔

 

疲れ顔にならない方法

 

疲れ顔にならないためには、規則正しい生活やバランスの良い食事が大切です。特に歳を重ねるほど生活習慣病のリスクが高くなるので、体に負担になるようなことは控えるようにします。

 

さらに、飲酒、喫煙の習慣がある人、紫外線を浴びる機会の多い人も肌に負担がかかるので必要です。

 

また、スキンケアの方法も20代と30代とでは変える必要があります。肌細胞は日々劣化しているので、加齢によって肌が再生されるサイクルが乱れたり、うまくゆかなくなったりします。

 

肌に不足しがちな成分を補うように気をつければ、ツヤ、ハリのある肌を維持することができます。

 

疲れ顔の原因とケア

 

疲れ顔に見える原因のひとつに、肌の潤い不足があります。

 

日々の生活では肌の乾燥を防ぐことにポイントを置いてケアをします。顔のくすみや目元のクマは肌の新陳代謝がアップするだけで改善できます。
この状態を放置すればシミやシワになってしてしまうので、早い段階で的確なケアをして疲れ顔を改善しましょう。

 

ケアの方法は、毎日のスキンケアの時にマッサージを加えるだけと、ごくシンプルです。
優しくリンパの流れに沿って指の腹をなぞるだけで、顔が温かくなるのが分かります。専用のマッサージクリーム・ジェルなどにはビタミンEやCなど新陳代謝アップに効果的な成分が含まれているので、利用すれば更に効果的です。

 

外と内からのケア

肌の外からケアをするだけでも疲れ顔を改善することはできますが、体の内側からもケアをすると効率よく改善できます。

 

ビタミン類、ミネラル、コラーゲン、ヒアルロン酸が代表的な肌に良い成分で、食材を工夫して食事から取り入れることは可能ですが、食事から毎日全ての成分を摂取することは難しいです。

 

そのような場合には、栄養補助食品であるアンチエイジング用のサプリメントが強い味方になります。

 

サプリメントなら必要な成分がバランスよく配合されているので、毎日の食事に加えて飲むだけで疲れ顔の改善効果がアップします。医薬品ではないので、効果は緩やかですが副作用の心配がほとんどなく安心してつづけやすいのが特徴です。