たるみと乾燥を予防してほうれい線を作らない

ほうれい線は、あると老けて見えます。ほうれい線ができる原因は肌の乾燥とたるみです。

 

多くの場合、たるみは加齢が原因と言われていますが、若い人でもほうれい線がくっきりと出ている人がいます。年齢に関係なくできてしまうシワの一種ですから、まずは作らないためのケアを知っておくとよいでしょう。
たとえ、ある日突然、ほうれい線が濃くなっていることに気がついたとしても、その時からケアを始めれば、進行を食い止めて、改善させることは可能です。

 

大切なのはあきらめずにケアをつづけることです。

 

ほうれい線

 

ほうれい線の原因

 

ほうれい線ができてしまう原因のひとつである乾燥には、様々な要因があります。特に紫外線は肌の表面だけでなく、奥深くにまで影響を及ぼして保湿成分を壊してしまうことが知られています。

 

この他に、屋内の空調、外気によっても肌の水分の蒸発が著しくなることがわかっています。さらに、ストレス、パソコンの長時間の使用など、意外な要因によっても肌は乾燥します。

 

スキンケアによって充分に肌を保湿するとともに、休息もしっかりととることも重要です。

 

たるみの原因

 

そして肌のたるみですが、人間の体内には加齢によって著しく減少する成分があります。

 

肌がたるむのはコラーゲンやヒアルロン酸など肌細胞の生成に大きく関わりがある成分の生成力が減少することが原因です。このことから肌のたるみは歳をとった証拠でもあるといえます。
ただし、老化の頻度には個人差があり、同じ30歳でも、10代のような美肌の人もいれば、40代ぐらいに老けて見える人もいます。

 

生まれ持った肌の質ということもありますが、ケアの違いによってもこの差は生まれます。ほうれい線ができていないうちにケアを始めると若々しい印象を保持できます。

 

意外な落とし穴

 

もうひとつ、スキンケアの基本の洗顔方法が間違っていることも原因になる考えられます。

 

たとえばメイクを落とすときに、クレンジング剤をティッシュでこそげ取ると肌を傷つけ乾燥の原因となります。そして、洗顔剤は必ず泡で汚れを浮かすのが正しい方法です。
できればメイクを落とす前に、蒸しタオルで顔全体を温めて毛穴を広ておくと毛穴の奥の汚れも取り除きやすくなります。面倒なようですが、この洗顔方法を実践するだけでも、洗顔後の肌の違いが分かります。

 

洗顔が正しければ、美肌維持に必要な新陳代謝が正常になり肌の回復力もアップします。

 

ほうれい線を作らないために

ほうれい線を作らないためには基本的なケアを実践するだけでよいのですが、体の中からも予防しておくと更に安心です。

 

特に、アンチエイジング用のサプリメントは即効性は期待できませんが、継続して利用しておけば若々しいままの肌を維持し続ける効果が期待できます。

 

関連記事>>>マリオネットラインを作らないための準備

 

関連記事>>>あごを触ったら弾力がない、あご下のたるみが原因?