スキンケアでアンチエイジング効果がない理由は?

アンチエイジングは女性にとって永遠のテーマで、いつまでも若々しくハリのある肌を維持したいと考えています。そのために、常にアンテナを張り巡らせて肌に良いスキンケア製品の情報の入手に一生懸命です。

 

肌にシワ、シミ、たるみなど老化現象が生じないように様々なスキンケアが開発されていて、その効果を期待して利用する人も多いです。

 

しかし、スキンケア用品によるアンチエイジングケアは効果なし、という情報があちこちで流れています。美肌を回復・維持するにはスキンケア製品では不十分だと言われています。

 

アンチエイジング効果

 

スキンケアでアンチエイジング効果がない理由

スキンケア製品は化粧品もしくは医薬部外品という扱いがほとんどです。
化粧品や医薬部外品はドラッグストアで気軽に購入できる製品です。逆に言えば、安易に購入できる分副作用の心配がほとんどないということです。
そして副作用の心配がない分、効果は穏やかで劇的な変化を感じることは難しくなっています

 

ただし、これはメーカの責任ではなく、薬事法で決められた規定に基づいて製造されたことが理由です。薬事法では、化粧品の肌への浸透度合いは肌の角質層までと決められています。

 

軽度の肌荒れや乾燥なら十分に改善が期待できますが、深刻な状態になっている場合には、栄養成分を肌の奥に浸透させられないので効果が薄くなってしまいます。

 

カギはアンチエイジングを始める時期!

このような点から、スキンケア製品でエイジングケアをするのなら、早い時期から始めていることが必要です。

 

肌の老化が軽度の状態でケアを開始しておけば、老化の進度が遅くできますし、急な劣化も予防できます。もし、深刻な状態になってからスキンケアを始めるのならば、医薬品を使用することで改善できます。

 

ただ、医薬品に含まれるスキンケア製品は医師の処方箋が必要なので、ドラッグストアや通販での購入はできません。というのも、薬効が高い分副作用のリスクをもっているのが理由です。

 

個々の肌の状態や体質にあっていることを医師が確認しなければならないからです。

 

注目!アンチエイジング専用サプリメント

 

アンチエイジングのスキンケアが効果なしだとしても、心配することはありません。エイジングケアは肌を外側からケアする製品ばかりが注目されていますが、本来は細胞レベルから改善させたほう良いと考えられています。

 

それには、加齢によって衰えた体内機能や肌細胞の機能は体の中からケアをする方法が選ばれています。
たとえば、ビタミンB群、体内でビタミンCとして働くアスコルビン酸、イソフラボン、ビタミンE、複数のミネラル成分などがあります。

 

食材から取り入れることは可能ですが、各成分の吸収率を高めてバランスよく配合しているアンチエイジング専用のサプリメントが効果的です。