目元のたるみがあると老け顔に見えて損をする

パソコンの酷使、徹夜仕事などで寝不足が続くと目元のたるみが気になることがあります。若いうちなら、肌細胞に再生力が十分にあるので栄養と休息をしっかりととれば翌日にでも回復できます。しかし、年齢を重ねて肌の弾力が低下してくるとなかなか改善できなくなります。

 

30歳を過ぎる頃になると目元の筋肉は自然と衰えてきます。
適切なケアを実施し続けることで、肌の老化の速度を遅くすることはできますし、たるんでしまった肌を改善することは可能です。

 

たとえ、シミやくすみがない肌であったとしても、加齢による目元のたるみは顔にある表情筋の劣化が原因ですから、放置すれば顔全体にたるみが生じて、シワや毛穴が目立つ老け顔になるリスクが高くなります。

 

目元のたるみ

 

加齢が原因の目元のたるみ

 

加齢による目元のたるみを改善するには、表情筋を鍛えることが最も効果的です。
顔には目の周りとあご以外には骨格がないので、筋力が衰え始めると老化が加速します。

 

表情が豊かで、よくしゃべりよく笑う人は自然に表情筋を動かしています。意識して顔のいろいろな部位を動かすことは筋力アップにつながります。

 

目元のたるみには目を大きく見開いて動かすエクササイズが効果があります。また、マッサージによって筋肉を刺激することも、新陳代謝がアップして老廃物を排泄し、肌細胞の活性化させることができます。

 

目の下は頬などの部位と比較すると皮膚が薄いので、ケアは特に丁寧に念入りに行うことがポイントです。

 

関連記事>>>目の上のくぼみの原因は老化?

 

コラーゲンの生成力の低下による目元のたるみ

 

筋力低下以外に考えられる原因として、肌細胞の活性化に不可欠なコラーゲンの生成力の低下というのもあります。これは老化現象のひとつで誰にでも起こることです。そのため、エイジングケアは美肌維持のためには無くてはならないものなのです。

 

歳だから仕方がないということではなく、正しいケアをすれば失われたハリやうるおいを取り戻すことは可能です。

 

そのためには、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、セラミドなど肌細胞に不可欠な良質な成分がバランスよく配合されたスキンケア製品を選ぶことが大切です。

 

目元のケアは継続が大切

一時的な肌荒れのケアとは異なり、目元のたるみのような老化による肌トラブルは継続してケアを行うことが必要です。

 

とりあえずたるみが改善されたとしても、劣化した肌細胞が若返ることはないので絶えず栄養成分を補給しなければなりません。時として、スキンケアが面倒になこともありますが手抜きをすれば、すぐに顔に結果があらわれてしまいます。

 

このようなリスクを軽減するには、体の中からもアンチエイジングケアをするとよいでしょう。栄養補助食品のサプリメントは必要な栄養素が凝縮されているのでとても便利です。