口まわりのシワを作らないためには

女性にとって顔のシワは大きな悩みのタネです。額、目尻、目の下、小鼻などどこにできても老け顔に見えてしまいます。中でも年齢が出やすいと言われている口まわりです。

 

シワの状態によって原因が違ってきますし、対処法も異なるので自分の口まわりのシワがどれに当てはまるのかを確認すると、改善しやすくなります。

 

シワの原因を大きく分けると、乾燥、表情、老化があります。口の周りに細かいシワがちりめん状にたくさんできている場合には乾燥が原因です。メイクで隠せることもありますが、シワが深くなると逆に化粧崩れの原因にもなります。

 

口まわりのシワ

 

表情ジワには小鼻から口角に伸びるほうれい線があります。ソウの溝がふかくなりやすいのが特徴なので、早めのケアが大切となります。そして、老化によるシワは筋肉の衰えが主な原因です。

 

シワになるのが気になって大げさな表情を作らないようにしている人がいますが、筋肉の老化の原因を作ってるようなものです。

 

口まわりのちりめんじわには保湿

 

口まわりのちりめん状の細かいシワの改善方法は保湿につきます。目の周りや頬などは念入りにケアをしても、口まわりはリップケアに注意がいってしまい、意外とおざなりになりやすい部位なのです。

 

細かい状態ならまだ溝も浅いので、早期のケアで改善しやすいです。

 

肌の乾燥は外気の湿度の低い冬場に多いと思っている人がいますが、空調の効いた屋内でも起こります。そのため、1年を通して乾燥のリスクがあるということです。
加湿器などを利用して、屋内の湿度に注意を払うとよいでしょう。

 

屋外に置いては、冬場の空気の乾燥だけでなく、紫外線も大敵です。紫外線は肌の保湿成分を破壊する威力を持っていて、こちらも1年を通して浴びる可能性が高いので、注意が必要といえます。

 

関連記事>>>ちりめんじわの原因は乾燥

 

肌の乾燥を予防する方法

 

まず、肌の乾燥を予防するには、保湿成分が含まれた化粧水や乳液を使用することです。

 

価格にこだわる必要はなく、アルコールや防腐剤などの添加物が配合されていない製品が肌には優しいです。
唇のパックをする時に口まわりにまで範囲を広げて行えば、一石二鳥でケアができます。

 

表情ジワの場合、笑ってできたシワが表情を戻しても残っているという特徴があります。この場合にも保湿によって肌細胞を活性化させることで改善が見込めます。

 

もうひとつの筋肉の劣化にはマッサージを加えるのがポイントです。体の中からもケアを行うと更に改善しやすくなります。アンチエイジングサプリを用いて細胞レベルから活性化を目指すとよいでしょう。