加齢ばかりが老化原因ではない

歳を重ねれば体の細胞は劣化しますし、機能の衰えも生じてきます。

 

しかし、誰だって、いつまでも若々しく健康に過ごしたいです。そのためには、老化原因を突き止めて、進行を食い止め、改善することが必要です。

 

これまで、肌の老化原因は加齢によって体内の機能が劣化してくること、だと言われてきました。そして、加齢が老化に影響する原因として活性酸素であるという考え方が浸透しています。

 

活性酸素とは体内にサビを発生させる物質で、細胞を劣化されて肌のくすみ、シワなどを引き起こします。他にはがん細胞の発生、内臓機能・運動機能の低下、血管の疾患などの原因になるとも考えられています。

 

 

エイジングケアの大敵!活性酸素

 

エイジングケアに熱心な女性にとって最も気になるのは肌の劣化です。
老化原因となる活性酸素さえ発生させなければ美肌を維持できる可能性は高いのですが、活性酸素の発性原因はいたるところにあります。

 

たとえば、日常的に飲酒・喫煙の習慣がある人、ストレスの多い生活をしている人、ハードな運動を習慣にしている人などは要注意です。また、生活している環境にカビ・ウィルス、雑菌の繁殖が著しいことも大きく関わってきます。
そして、肌に対して悪影響を及ぼす最も身近な要因は紫外線です。

 

紫外線はやけどと同じなので肌表面の細胞を破壊し乾燥を助長する、と言われていますが、それだけではなく、肌内部にも入り込んで細胞を劣化させる働きをします。

 

エイジングケアの大敵!紫外線

 

肌の老化原因には実に多くの要因があり、複雑に関係しあっているのです。そのため考えられる全ての老化原因に対して対処をすることは大変です。

 

しかし、対処方法はシンプルで簡単です。日焼け止めと保湿です。これさえしっかりと実施していれば、肌の自然回復力が活性化されて、老化速度を遅くすることも可能です。

 

紫外線は晴れや曇りに関係なく降り注いでいるので、1年中どんなときにも必要です。美肌にこだわる人ほど、雨の日も室内にいる時でも日焼け対策は忘れていないのです。

 

さらに、保湿成分が配合されたローションを使用しますが、肌にあったタイプのエイジングケア製品なら特に問題はなく、肌が潤うまで押しこむようにつけることがコツです。

 

体の中の環境を整える

 

日焼け止めと保湿で完璧と言われても心配な人は多いです。肌の外側からだけのケアでは不十分な場合もあります。

 

体の中の環境を整えて老化原因を排除することで、若々しい肌を保持できます。そのためには、食事や生活環境も大切ですが、栄養補助食品のアンチエイジングサプリメントを利用するのが便利です。
サプリには必要な栄養素がバランスよく含まれているので、強力なサポーターとして利用できます。