頬たるみがはじまると優しい顔に見える

年齢を重ねるごとに人の顔は変化をします10代や20代前半暗いまでは、キリッとした顔立ちをしていても、30代を過ぎた当たりから、少しずつ優しい顔つきになってきます。生活環境などの変化によって性格が優しくなったから、と考えられることもできますが、実は、頬たるみが始まっているのが関係していることもあるのです。毎日、鏡を見ているだけでは小さな変化なので気が付きにくいですが、頬を触ってみると弾力が心なしか失われてきたことに気がつく時があります。この変化に気がついて改めて鏡をじっくり見ると、顔のあちこちに老化現象が始まっていることを発見できます。

 

頬たるみを確認するひとつの現象してほうれい線があります。小鼻から広角にかけてシワができていたら、確実にたるみが生じています。頬を耳の下に向けて手のひらで持ち上げた時にほうれい線が目立たなくたれば決定的です。ほうれい線が目立つ顔より目立たない顔のほうが明らかに若々しく見えるはずです。老化は誰にでも起こりうる現象なので、止めることはできませんが進行速度を遅くすることは可能です。すぐに改善のケアを開始することが必要です。

 

肌のハリが失われてたるみが生じる原因は、肌細胞内にあるコラーゲンの生成力の衰えにあります。人間は細胞を健康的に維持するために、体内でコラーゲンの生成をする能力を持っています。ところが、加齢や外からのダメージによって生成力が低下します。その原因のひとつとして紫外線あります。紫外線による乾燥はタルミだけでなく様々な肌トラブルを誘発します。そのため、紫外線を浴びた後は一刻も早くケアを施すことが大切です。たとえば、肌が火照るほど浴びてしまったら、保湿より先に鎮静化させ、日常生活での紫外線なら、日焼け止めを使用し、保湿成分の含まれたローションなどで水分を補給します。

 

また、新陳代謝の滞りも原因のひとつです。老廃物が排泄されずに溜まってしまうと、吹き出物などのトラブルだけでなく頬の皮下脂肪内に溜まることもあります。これによって頬がむくんだ状態になることがありますが、特に、頬は頻繁に動かす部位ではなのいで、皮下脂肪がどんどん増えるとブルドックのような頬になります。予防するには、血流を促すマッサージが効果的ですが、保湿成分が豊富なローションやクリームを用いると乾燥も改善できて一石二鳥です。毎日のケアだけで老化を食いとろることが不安ならば、エイジングケア用のサプリメントが効果的です。老化によって体に不足している成分を補うことで、細胞が活性化されるので、血行が良くなり老廃物の排泄も促されます。