鏡の中の自分が老け顔にならない方法

老け顔は、顔の造作によって年齢より老けて見えるというだけでなく、肌年齢も大きく関係してきます。

 

30代でも20代に見られる女性がいますが、彼女たちが若くみえるのは必ずしもメイクが上手いからではなく、肌のキメが整っていてシミやシワがなく、弾力のある肌を維持出来ているのです。

 

誰でも歳を重ねれば肌細胞も劣化しますが、自分にあったエイジングケアを継続すれば、肌の状態を若々しく維持することができます。

 

老け顔になってしまうには理由があります。諦めてしまうと実際の年齢よりもずっと歳上だと勘違いされて、いろいろな面で損をしてしまいます。

 

老け顔

 

老け顔の原因

 

老け顔の人に多いのは、乾燥肌です。肌は常に乾燥状態にあると、肌にくすみやたるみが生じ、小じわや毛穴の目立つ肌になります。

 

また、メイクが崩れやすい人も肌の乾燥が進んでいる可能性があります。
乾燥していると、外からの刺激を受けやすくなるので、肌にダメージを受けやすくなるので、ますます顔が老けた印象が定着してしまいます。

 

ポイントを抑えて継続すれば、若々しい肌の状態を維持出来るだけでなく、老け顔の悩みから開放されることも可能です。

 

老け顔の対策

 

老け顔対策の筆頭は保湿です。とにかく肌細胞に不足している水分を補うことが必要です。

 

化粧水には保湿効果の高い製品を用いて、肌に十分塗布することがよいといわれています。しかし、乾燥が肌の表面だけでなく、細胞の奥底にまで広がっている場合には、ケア用品の使用だけでは改善することは難しいです。

 

表面からケアをするだけでなく、細胞レベルからの改善が必要なのです。

 

細胞レベルから乾燥を改善するには、水分を保持するのに効果的なコラーゲン、プラセンタ、エラスチンなどの成分が良いといわれています。保湿成分にはそれぞれの効果があります。

 

  • コラーゲンは、タンパク質の一種で肌の弾力を改善する事ができます。
  • プラセンタは、肌細胞が生まれ変わるターンオーバー力を清浄化する働きを持っています。
  • エラスチンは本来は肌細胞に存在している成分で、コラーゲンの働きをサポートするタンパク質で肌の弾力改善をすることができます。

 

コラーゲンをしっかり吸収させる

 

コラーゲンは、豚や鶏、魚の皮に多く含まれていることが知られています。

 

いわゆるゼラチンがその成分のことで、料理やお菓子に利用することで効率よく吸収することができます。食事から摂取するには良質なたんばく質をとればよいのですが、タンパク質に含まれる成分の一部なので老け顔が改善できるほどの量を毎日とることは無理です。

 

このような点から考えると、美容成分が凝縮されたアンチエイジングサプリを利用したほうが、確実に老け顔の改善をすることができるといえます。