アンチエイジングにサプリと美容ドリンク効果の違いは?

美肌を維持する目的でアンチエイジングサプリや美容ドリンクを愛用している人が増えています。両方をあわせて利用している人、どちらか一方のみだけ利用している人など様々ですが、それぞれに特色があります。

 

コスパが良いのはサプリメント

 

まず、費用の面からみると、配合されている成分には大きな違いはないのですが、ドリンクタイプよりサプリメントのほうがかなりお得です。

 

価格差がでる理由として上げられることは吸収率と効果が出る時間です。

 

美容ドリンクは有効成分が濃縮された液状となっているので、体内に吸収されやすくその分効果を実感できる時間も早いのが特徴です。成分面ではサプリメントも劣っている点はないのですが、吸収率に関してはドリンクタイプにはかないません。

 

 

 

即効性があるのはドリンク

 

美容ドリンクは即効性が期待できるアンチエイジングケア製品です。メーカーによって配合されている美容成分には少しずつ違いがありますが、基本的な美容成分は共通しています。

 

必ず配合されているのが肌細胞の活性化に不可欠なコラーゲンです。

 

コラーゲンには動物由来と魚由来がありますが、フィッシュコラーゲンを採用しているメーカーが多いです。また、ヒアルロン酸も必ず配合されています。
この成分は肌の潤いだけでなく、膝や関節の軟骨を健全に保つ働きも持っているので、エイジングケアには必須成分なのです。

 

他には複数のビタミン・ミネラル類がバランスよく配合されています。フィッシュコラーゲンには独特の味があるので、それが苦手という人もいますが、飲みやすくアレンジされている製品が増えています。

 

栄養補助食品と医薬部外品

 

アンチエイジングサプリと美容ドリンクには吸収力以外にも違いがあります。

 

サプリメントはほとんどが栄養補助食品として位置づけされていますが、美容ドリンクは医薬部外品、清涼飲料水として位置づけられてるタイプの他に、医薬品として販売されている製品もあります。

 

清涼飲料水のタイプは特に飲用に注意すべき点はありませんが、医薬部外品は1日に1本と飲用量に規定があります。そして、医薬品の場合には通常より即効性の高い高濃度の成分が配合されていることが多いです。

 

そのため、処方箋薬や市販の薬を常用している場合には、主治医や薬剤師に相談したほうが安全です。特殊な成分が配向されている場合には、薬効を阻害することがあります。

 

サプリもドリンクも継続が大事

 

アンチエイジング用にどちらを利用するにしても、継続しなければ効果を実感することはできません。

 

初めて利用するときには、お試しセットなどを取り寄せて、飲み続けることが可能かどうか、体質にあっているかを確認すると良いでしょう。それぞれの特徴によって飲み分けることで、若々しい肌を維持できます。